「ジェームズ・ブキャナン」の版間の差分

必然性のない強調の除去など
(必然性のない強調の除去など)
|battles=[[米英戦争]]
}}
'''ジェームズ・ブキャナン・ジュニア'''('''{{lang|en|James Buchanan, Jr.}}''', [[1791年]][[4月23日]] - [[1868年]][[6月1日]])は、[[アメリカ合衆国]]の第15代[[アメリカ合衆国大統領|大統領]]である。18世紀生まれの最後の大統領であり、結婚しなかった唯一の大統領である。また、[[ペンシルベニア州]]から選出された唯一の大統領でもある。
 
ブキャナンは人気があり経験豊富な州の政治家で、非常に成功した弁護士であった<ref>Thomas Bailey, Lizabeth Chen and David Kennedy. The American Pageant. 13th Edition. Houghton Mifflin Company. New York: 2006, p. 415</ref>。彼はペンシルベニア州選出の下院議員となり、後には上院議員に転身、[[アンドリュー・ジャクソン]]内閣ではロシア担当大臣を務めた。また、[[ジェームズ・ポーク|ポーク]]内閣では[[アメリカ合衆国国務長官|国務長官]]も務めている。最高裁長官の指名を断った後、[[フランクリン・ピアース|ピアース]]内閣ではイギリス担当大臣を務め、[[オステンド・マニフェスト]]の作成を手助けした。
 
[[1844年アメリカ合衆国大統領選挙|1844年]]、[[1848年アメリカ合衆国大統領選挙|1848年]]、[[1852年アメリカ合衆国大統領選挙|1852年の大統領選]]において民主党の候補指名に失敗したが、「オールド・バック ''Old Buck''」は1856年の大統領選で民主党の大統領候補に指名された。ピアース大統領の任期の大半、ブキャナンはイギリス担当大臣としてロンドンに滞在していたため、合衆国を支配した派閥政治の十字砲火の中に交わることはなかった。ブキャナンは奴隷制度問題において両派の間で妥協した態度を取ったと見なされた。選挙は[[ジョン・フレモント]]、[[ミラード・フィルモア]]との三つどもえの戦いとなった。大統領として彼はしばしば「''doughface''」(奴隷制度に賛成した北部自由州の議員)と呼ばれ、民主党の主導権を[[スティーブン・ダグラス]]と争った。ブキャナンは北部と南部の間の平和を維持するため努力したものの、両陣営は疎遠となり、南部諸州の合衆国からの脱退により[[南北戦争]]へと突入する。記録に寄ればブキャナンは南部諸州の脱退は不法なものであったが、それを止めるために戦争を行うのも不法であったと考えていたとされる。ブキャナンは第一に弁護士として「私は法以外の支配を全く承認しない。」という決まり文句で有名であった<ref>[[#Klein|Klein (1962)]], p. 305</ref>。
 
彼が公職を退く時までに、世論は彼に批判的なものとなった。そして民主党は二つに分裂した。ブキャナンはかつて、アメリカ史上におけるジョージ・ワシントンの位置と同じ格付けを切望した<ref>[[#Klein|Klein (1962)]], pp. xviii.</ref>。しかしながら、国が分裂と内戦へ進むのを防ぐための統率力を発揮せず、消極的な対応に終始したことにより、現在も歴史家による格付けでは決まって[[歴代アメリカ合衆国大統領のランキング|最悪の大統領]]の一人として位置づけられる。ブキャナンの伝記執筆者、フィリップ・クラインはこれらの格付けを取り入れている。「空前の怒りの感情の波が国を覆い尽くしたとき、ブキャナンはリーダーシップを引き受けた。この革命的な時代に、抑制して敵対したセクションをもったことは、本来注目に値する業績であった。彼の任期は激動の時代であったが、その弱点は南北の怒れる党派によって拡大された。彼の多くの才能は、より静かな時代においては偉大な大統領として認められるものであったかもしれないが、南北戦争という時代の大変動と、偉大なる[[エイブラハム・リンカーン]]によって霞んだものとなった<ref>[[#Klein|Klein (1962)]], p 429</ref>。」