「LINK (テレビドラマ)」の版間の差分

m
== あらすじ ==
'''LINK'''というIT企業を起業した若き日本の青年・ショーンは、人と人を繋げて、助けを求めている人を救うSOSサービスの立ち上げを模索していた。彼がこのサービスを始めるきっかけになったのが、思いがけないところで人と人が結ばれるリンクだった。
 
 
元捜査一課の刑事で現在は民間警備会社に勤める寺原健は、与党[[幹事長]]・松岡孝典の[[ボディーガード]]を務めることになる。歯に衣着せぬ巧みな話術で聴衆を虜にする松岡は、次期総裁選への立候補を決め、大物フィクサーに票の取りまとめを依頼し、多額の現金を渡していた。金は、あおば信用金庫の練馬東町支店長が休眠会社への融資を装ってプールした裏金だった。同信金の職員で寺原の後輩でもある石川亜紀は、現在の景況で多額の融資が続けられていることに疑問を持ち、不正融資の実態に気付いてしまう。
[[Category:2013年のテレビドラマ]]
[[Category:連続ドラマW]]
[[Category:篠崎絵里子脚本のテレビドラマ]]