「ジョン・レノンの殺害」の版間の差分

{{main|マーク・チャップマン}}
 
レノンとオノがRKOラジオ・ネットワークのスタッフと共にリムジンに向かう途中、サインを求める人が数名近づいてきた。その中の1人にマーク・デイヴィッド・チャップマンがいた<ref name="CrimeLibrary">{{cite web |url=http://www.crimelibrary.com/terrorists_spies/assassins/chapman/7.html |title=Is That All You Want? |work=Courtroom Television Network |accessdate=4 May 2008}}</ref>。この頃、ダコタ・ハウスの外でファンがレノンを待ち構えてサインをねだるのはよくあることだった<ref name=time>{{Citation | last = Cocks| first = Jay| author-link = | last2 = | first2 = | author2-link = | title = The Last Day In The Life: John Lennon is shot to death at 40, and a bright dream fades.| newspaper = [[Time (magazine)|TIME]]| pages = 18–24 | date = 22 December 1980 | url = http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,924600,00.html| archiveurl = | archivedate = | accessdate =23 October 2010 }}</ref>。[[ホノルル|ハワイのホノルル]]から来た25歳の警備員チャップマンは、その年の10月(アルバム『'''[[ダブル・ファンタジー]]'''』のリリースよりも前)にもレノンを殺害するためニューヨークを訪れていたが、その時は心変わりして帰郷していた<ref>{{cite news |url=http://www.people.com/people/archive/article/0,,20079581,00.html |title=Descent Into Madness |work=[[ピープル (雑誌)|People]] |date=22 June 1981}}</ref>。チャップマンがレノンに『'''ダブル・ファンタジー'''』を無言で手渡し、レノンがサインした<ref name="CrimeLibrary"/>。アルバムにサインし終えたレノンが「君がほしいのはこれだけかい?」(Is this all you want?)と尋ねると、チャップマンは笑顔で頷いた。写真家でレノンのファンであるポール・ゴレシュ(Paul Goresh)は、この遭遇の瞬間を写真に収めている<ref name="How stuff works 52">{{cite web |url=http://people.howstuffworks.com/john-lennon52.htm |title=John Lennon Encounters Mark David Chapman |last=Buskin |first=Richard |date=3 July 2007 |work=Howstuffworks.com |accessdate=6 May 2008}}</ref>。
チャップマンは、その日の午前中からダコタ・ハウスの外でレノンを待ち構えており、午後にはベビーシッターのヘレン・シーマン(Helen Seaman)と共に帰宅したところのレノンの息子[[ショーン・レノン|ショーン]](当時5歳)にも遭遇している。チャップマンによれば、彼はショーンの手を、ちょっとの間触ったという<ref>{{cite book |first=Jay |last=Maeder |title=Big Town Big Time|publisher=Sports Publishing LLC |location=|year=1999 |isbn=978-1-58261-028-3|page=173}}</ref>。
 
匿名利用者