「計算機科学」の版間の差分

→‎歴史: 哲学を参照する必要などない
(出典に関わる内容の整理)
(→‎歴史: 哲学を参照する必要などない)
 
1940年代に入り、より新しくかつ強力な計算機が開発されるにつれて、「{{lang|en|computer}}」という言葉は人間ではなくそういった機械を指す言葉となった。コンピュータが単なる数学的計算以外にも利用可能であることが明らかになると、計算機科学の領域は[[情報処理]]全般に関する学問となった。1960年代には計算機科学は独立した学問分野として確立され、計算機科学科の設立と学位認定が行われるようになった<ref name="Denning_cs_discipline">{{cite journal | last=Denning | first=P.J. | date=2000年 | title=Computer science:the discipline |url=http://www.idi.ntnu.no/emner/dif8916/denning.pdf | journal=Encyclopedia of Computer Science}}</ref>。実用的なコンピュータが利用可能になると、その様々な応用が下位領域を形成していった。
 
{{See also|物理学の哲学|生物学の哲学|数学の哲学|言語哲学|心の哲学}}
 
== 教育 ==