「P・J・カーリシモ」の版間の差分

外部リンク
編集の要約なし
(外部リンク)
|誕生日={{生年月日と年齢|1949|3|30}}
|出身地=[[ミシガン州]]
|身長=185cm
|体重=84kg
|血液型=
|足のサイズ=
|所属チーム名=引退
|役職=
|背番号=
}}
'''P・J・カーリシモ'''(Peter John "P. J." Carlesimo、[[1949年]][[3月30日]] - )は、[[アメリカ合衆国]]の[[バスケットボール]]の指導者。[[ペンシルベニア州]]出身。
アメリカ男子プロバスケットボールリーグ[[NBA]]の[[ポートランド・トレイルブレイザーズ]]、[[ゴールデンステイト・ウォーリアーズ]]、[[シアトル・スーパーソニックス]]、[[オクラホマシティ・サンダー]]のヘッドコーチを務めた。アシスタントコーチの経験も豊富で、[[サンアントニオ・スパーズ]]では、[[グレッグ・ポポヴィッチ]][[NBAヘッドコーチ|ヘッドコーチ]]のもと、2002年から2007年の間に、3度の優勝に貢献した。現在はNBA中継でコメンテーターを務めている
 
アメリカ男子プロバスケットボールリーグ[[NBA]]の[[ポートランド・トレイルブレイザーズ]]、[[ゴールデンステイト・ウォーリアーズ]]、[[シアトル・スーパーソニックス]]、[[オクラホマシティ・サンダー]]のヘッドコーチを務めた。
 
アシスタントコーチの経験も豊富で、[[サンアントニオ・スパーズ]]では2002年から2007年の間で、3度の優勝に貢献した。
 
== 経歴 ==
 
その後[[サンアントニオ・スパーズ]]の第一アシスタントコーチに就任し、[[グレッグ・ポポビッチ]]の下で、2002年から2007年の間で、3度の優勝に貢献した。その後、2007年[[シアトル・スーパーソニックス]](後に[[オクラホマシティ・サンダー]])のヘッドコーチとして1シーズン指揮を執った<ref>{{cite web|url=http://www.nba.com/2008/news/11/22/thunder.carlesimo.ap/index.html|publisher=NBA.com|accessdate=March 8, 2010|date=November 22, 2008|title=Report: Thunder fire Carlesimo}}</ref>。2010年に再びアシスタントコーチに戻り、[[トロント・ラプターズ]]、[[ニュージャージー・ネッツ]](後に[[ブルックリン・ネッツ]])で活動した。
==ヘッドコーチ成績==
 
{{NBA coach statistics legend}}
{{NBA coach statistics start}}
|-
| align="left" |[[ポートランド・トレイルブレイザーズ]]
| align="left" |{{nbay|1994}}
|82||44||38||.537|| align="center" |4th in Pacific||3||0||3||.000
| align="center" |1st.ラウンド敗退
|-
| align="left" |ポートランド・トレイルブレイザーズ
| align="left" |{{nbay|1995}}
|82||44||38||.537|| align="center" |3rd in Pacific||5||2||3||.400
| align="center" |1st.ラウンド敗退
|-
| align="left" |ポートランド・トレイルブレイザーズ
| align="left" |{{nbay|1996}}
|82||49||33||.598|| align="center" |3rd in Pacific||4||1||3||.250
| align="center" |1st.ラウンド敗退
|-
| align="left" |[[ゴールデンステート・ウォリアーズ]]
| align="left" |{{nbay|1997}}
|82||19||63||.232|| align="center" |6th in Pacific||&mdash;||&mdash;||&mdash;||&mdash;
| align="center" |不出場
|-
| align="left" |ゴールデンステート・ウォリアーズ
| align="left" |{{nbay|1998}}
|50||21||29||.420|| align="center" |6th in Pacific||&mdash;||&mdash;||&mdash;||&mdash;
| align="center" |不出場
|-
| align="left" |ゴールデンステート・ウォリアーズ
| align="left" |{{nbay|1999|trunc=y}}
|27||6||21||.222|| align="center" |(fired)||&mdash;||&mdash;||&mdash;||&mdash;
| align="center" |&mdash;
|-
| align="left" |[[シアトル・スーパーソニックス]]
| align="left" |{{nbay|2007}}
|82||20||62||.244|| align="center" |5th in Northwest||&mdash;||&mdash;||&mdash;||&mdash;
| align="center" |不出場
|-
| align="left" |[[オクラホマシティ・サンダー]]
| align="left" |{{nbay|2008}}
|13||1||12||.077|| align="center" |(fired)||&mdash;||&mdash;||&mdash;||&mdash;
| align="center" |&mdash;
|-
| align="left" |[[ブルックリン・ネッツ]]
| align="left" |{{nbay|2012}}
|54||35||19||{{Winning percentage|35|19}}|| align="center" |2nd in Atlantic||7||3||4||.429
| align="center" |1st.ラウンド敗退
|-
|-class="sortbottom"
| align="left" |'''Career'''
| ||554||239||315||{{Winning percentage|239|315}}|| ||19||6||13||.316
{{s-end}}
== その他 ==
ウォリアーズのヘッドコーチに就任した1年目、チームは開幕から14試合で1勝13敗とどん底にあった。1997年12月、そうした中で行われた[[ミネソタ・ティンバーウルブズ]]戦で[[ラトレル・スプリーウェル]]に首を絞められた<ref>{{cite web|url=http://sports.yahoo.com/blogs/nba-ball-dont-lie/p-j-carlesimo-reflects-altercation-latrell-sprewell-15-195831032--nba.html |title=P.J. Carlesimo reflects on his altercation with Latrell Sprewell, 15 years later |publisher=Yahoo! Sports |author=Kelly Dwyer |date=2013-03-18 |accessdate=2015-06-07 }} </ref>。
 
== 外部リンク ==
*{{NBAstats|id=C|nba=pj_carlesimo|bbr=carlepj99c}}
* [http://www.nba.com/coachfile/pj_carlesimo/index.html P. J. Carlesimo Info Page] at [[National Basketball Association|NBA.com]]
 
{{ポートランド・トレイルブレイザーズの歴代ヘッドコーチ}}
{{ゴールデンステート・ウォリアーズの歴代ヘッドコーチ}}