「ノート:黒湯」の版間の差分

m
== 「黒湯」の名称について ==
 
「多摩地区、横浜市、相模原市などでも見られるようになり、名称がそのまま転用されることがある」とありますが、そもそも'''「黒湯」'''の名称自体が単に”'''黒いお湯'''”を意味するだけであり、本文中にもあるように「成分は様々」であることと、大田区周辺で寡占的に名称を利用していた訳ではないので(その逆に「綱島温泉」の場合は、泉質で該当するわけでもなく「ラヂウム泉」の名称を最初に用い、性質が綱島温泉に似ているからと言う理由で'''「ラヂウム泉」とあくまでも愛称として'''利用された例はある)、大田区の名称が転用されたとする根拠が存在しません。
<br />
もちろん、浴場主が「真似た」と明言した、もしくは「大田区を中心とした…」等の掲示があれば、それは確証として十分な根拠となりますが、そのような例は聞いたことがありません。また、単に性質を表すのみである「黒湯」(漢字で書いて2文字、平仮名でも3文字)と単純に示せる物なので、敢えて「ことがある」と言葉を濁してまで「転用」とするのは如何なものでしょうか?--[[利用者:Sanana|Sanana]]([[利用者‐会話:Sanana|会話]]) 2013年7月6日 (土) 02:01 (UTC)
374

回編集