「タリム盆地」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
北に[[天山山脈]]、西に[[パミール高原]]と[[カラコルム山脈]]、南に[[崑崙山脈]]と[[アルチン山脈]]がある。盆地内の大部分は[[タクラマカン砂漠]]で占められており、周囲の山脈の雪解け水を源とする[[タリム川]]や[[孔雀河]]などの[[内陸河川]]が流れている。
 
およそ2万年前の最後の[[氷河期#氷期と間氷期|氷期]]から現在の[[氷河期#氷期と間氷期|間氷期]]へと遷り変わる頃には、盆地のほぼ全域が[[カスピ海]]のような極めて広であとなったが、[[最終氷期]]が終わり、その後気候が温暖化するにつれて乾燥化・縮小化次第に水進み失われ終には現在の広部分が砂漠になったと考えられている<ref name="Nazo">{{Cite book|和書|author=石井良治|title=湖がきえた(ロプ・ノールの謎)|publisher=築地書館|year=1988|isbn=4-8067-1059-8}}</ref>。「さまよえる湖」として知られる[[ロプノール]]は、タリム川の末端湖のひとつであり、この砂漠の北東端にあったが、上流にできた[[ダム]]などの影響で、現在は干上がっている。
 
タリム盆地の地下に、[[五大湖]]の10倍にもなる大きさの地下水源の存在の可能性が指摘されている。塩分と二酸化炭素が多く含まれているので、そのままでは飲用水・農業用水には利用できないとされる。
[[Image:Tarimbecken 3. Jahrhundert.png|300px|right|thumb|3世紀頃のタリム盆地の勢力図]]
この盆地は古来中国で[[西域]]と呼ばれた地域で、[[シルクロード]]が通っており、[[楼蘭]]、[[亀茲]]、[[于闐]]といった多くの[[オアシス]][[都市国家]]が栄え、覇を競った。現在は中国領であるが、[[テュルク系民族|テュルク系遊牧民]]だった[[ウイグル|ウイグル人]]がいまも住んでおり、言語もウイグル語で文字は[[アラビア文字]]を使う。[[チベット自治区|チベット]]と並んで[[中国の歴史#少数民族問題|民族問題]]を孕んだ地域である。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
6,691

回編集