「落ち」の版間の差分

:転じて、創作において序盤の展開や斬新な企画設定で好評を得るが右肩下がりに人気が落ちた作品の蔑称として「出オチ作品」と呼ぶようになった。
; 顔オチ
: 変な表情をして笑いをとること。ほかに笑わせる方法が思いつかないときの緊急手段として使われることが多いため、お笑いの世界ではクオリティの低いものとされている。ただし中には[[志村けん]]([[ザ・ドリフターズ]])加藤歩([[ザブングル (お笑いコンビ)|ザブングル]]加藤のような強烈な「顔芸」を持つものもいる。また[[内村光良]]([[ウッチャンナンチャン]]の[[内村光良]]自分の苦手な[[大喜利]]に参加する際にかなりの頻度で顔オチを行う。い、その都度共演者の[[さまぁ~ず]]から「汚い」と酷評されている。但し、最近の出来事ではなく[[ブルース・リー]]のモノマネをする時は顔オチを行っていた。
; 三段オチ
: 同じシチュエーションを3つたたみかけること。そのうち最初の2つは最後のオチの[[フリ]]として用いられる(「フリ・小オチ・大オチ」の例もある)。ラジオ番組や雑誌の投稿ネタなどでは定番のパターンである。
; 天丼
: Aが見本を見せてBが真似するが上手くいかない、または、Aが言ったことをBが勘違いする、というパターンを繰り返すこと。
:(例『[[雲の上団五郎一座]]』の[[三木のり平]]と[[八波むと志]]の「[[源氏店]]」のやりとり)
: 古典コントの「天丼」に由来する。最近では同じギャグ・ボケを繰り返すボケを指すことが多い。例えば、面白いボケのフレーズが決まれば、それを何度も行う。特に相手が[[堤下敦]]([[インパルス (お笑いコンビ)|インパルス]])や[[堤下敦三村マサカズ]][[さまぁ〜ず]])、[[三村マサカズ伊達みきお]][[サンドウィッチマン (お笑いコンビ)|サンドウィッチマン]][[伊達みきお]]などの、ツッコミの技術が長けているに対して行うと、かなり効果的である。
; 楽屋オチ
: その芸人、または業界の周辺事情を知っていないと笑えないオチ。「内輪受け」とも呼ぶ。本来は落語での用語。演者やスタッフ・関係者にはウケるが、周辺事情を知らない観客・視聴者にとっては理解できず、常連やマニアを対象にした手法と言える。
匿名利用者