「予科」の版間の差分

編集の要約なし
(校正)
編集の要約なし
日本において予科は明治時代から第二次世界大戦後に[[学制改革]]が行われるまでの[[旧制学校]]にみられた。現在では[[宝塚音楽学校]]などに予科の名称が残る。
 
== 旧制学校の予科フランス ==
[[フランスの教育]]においては'''[[予備大学]]'''(CPGE, グランゼコール準備学級)が存在し、[[グランゼコール]]入学選抜試験への準備過程である<ref name="nara">{{Cite journal|和書|title=フランスにおけるエリート主義 |author=田中 文憲 |journal=奈良大学紀要 |voluem=35 |pages=13-32 |date= 2007-03 |naid=120002662257}}</ref>。[[ISCED]]-5Aに位置づけれる<ref>{{Cite web|publisher=UNESCO |title=ISCED mapping - France |url=http://www.uis.unesco.org/Education/ISCEDMappings/Pages/default.aspx |accessdate=2015-11-13}}</ref>。
 
== 日本の旧制学校 ==
{{See also|日本の学校制度の変遷}}
* [[大学予科]]
* 旧制専門学校予科
*: 専門学校令第7条は専門学校に予科を置くことを認め、その規程は8条によれば官立では文部大臣、公立では管理者、私立では設立者が文部大臣の認可を経て定める。したがって入学資格、修業年限、学科課程などについて画一的な規程は定められていない。いずれの予科であれ当該専門学校の準備段階であることは同じである。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
{{Education-stub}}
 
{{デフォルトソート:よか}}
[[Category:高等教育]]
[[Category:日本の旧制中等教育学校|*よか]]
[[Category:日本の旧制高等学校|*よか]]