「ヒマラヤ杉に降る雪」の版間の差分

制作に参加した[[エキストラ]]の多数が、実際に1940年代の[[日系人の強制収容]]所送りになった日系アメリカ人で構成されたこともあり、作品中において、日系人差別混じりの法廷の内容や日系人の強制収容所シーンを描くにあたって、小説原作作品ながら史実に基づいた仕上がりとなった作品と評されている。
 
日本語訳題『ヒマラヤ杉に降る雪』は植物学的に見れば誤訳であり、舞台となったワシントン州オリンピック半島付近に[[マツ科]]の[[ヒマラヤスギ]](''Cedrus deodora'')は自生していない。これは、[[シダー]](ceder)の英語における用法が広く、日本語への翻訳にも混乱が生じていることが原因である。当地で多く見られる cedar は、[[ヒノキ科]]の[[ベイスギ]](Western(アメリカネズコ Western Red Cedar, ''Thuja plicata'')アメリカネズコなどである。
 
== 外部リンク ==
4

回編集