「アントニー・ブラモル」の版間の差分

編集の要約なし
(+Category)
編集の要約なし
その後[[ハノーファー・ニーダーザクセン州立歌劇場]]の[[楽長|カペルマイスター]]、[[クレーフェルト・メンヒェングラートバッハ劇場]]の音楽総監督を経験し、2002年から2008年まで[[大野和士]]の後任として[[カールスルーエ・バーデン州立劇場]]の音楽総監督の地位にあった。現在、[[ライプツィヒ歌劇場]]の音楽総監督代理を務めている<ref>{{Cite web |url=http://oper-leipzig.de/oper/ensemble-oper/musikalische-leiter/ |title=Musikalische Leiter |publisher=Oper Leipzig |accessdate=2013-10-17}}</ref>。
 
[[ゼンパー・オーパー|ゼンパーオーパー]]や[[バイエルン国立歌劇場]]でも度々たびたび客演しており、2003年にはゼンパーオーパーで《[[蝶々夫人]]》の新演出初演を指揮している。日本では[[東京都交響楽団]]、[[NHK交響楽団]]での客演経験がある。また2008年から2011年まで[[リスト・フェレンツ音楽大学|リスト音楽院]]で教鞭を執った<ref>{{Cite web |url=http://www.hfm-weimar.de/v1/studium/institute/fk1/dirigieren_korrepetition/Professoren/Bramall_Anthony.php |title=Prof. Anthony Bramall, Dirigieren |publisher=Hochschule für Musik Franz Liszt Weimar |accessdate=2013-10-17|archiveurl=http://web.archive.org/web/20081206063404/http://www.hfm-weimar.de/v1/studium/institute/fk1/dirigieren_korrepetition/Professoren/Bramall_Anthony.php |archivedate=2008-12-06}}</ref>。
 
[[ナクソス (レコードレーベル)|Naxos]]レーベルにいくつかの管弦楽曲の録音があるほか、Brilliantレーベルに[[ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル|ヘンデル]]の《[[エジプトのイスラエル人]]》の録音がある。
* [http://www.anthony-bramall.de/ 公式サイト]
 
{{先代次代|<small>[[クレーフェルト・メンヒェングラートバッハ劇場]]<br />音楽総監督</small>|1995年 - 2002年|[[ヤコフ・クライツベルク]]|[[オトマール・マーガ]]<br /><small>(音楽総監督代理)</small>}}
 
{{先代次代|<small>[[クレフェスルーエバーデヒェングラートバッハ州立劇場]]<br />音楽総監督</small>|19952002年 - 20022008年|[[ヤコフ・クライツベルク大野和士]]|[[オトマールジャスティンマーガブラウン]]<br /><small>(音楽総監督代理)</small>}}
{{先代次代|<small>[[カールスルーエ・バーデン州立劇場]]<br />音楽総監督</small>|2002 - 2008|[[大野和士]]|[[ジャスティン・ブラウン]]}}
 
{{DEFAULTSORT:ふらもる あんとにい}}
[[Category:イギリスングランドの指揮者]]
[[Category:ロンドン出身の人物]]
[[Category:リスト・フェレンツ音楽大学の教員]]
[[Category:ギルドホール音楽演劇学校出身の人物]]
[[Category:ロンドン出身の人物]]
[[Category:1957年生]]
[[Category:存命人物]]
匿名利用者