「アンティゴノス2世」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
ストア派の[[哲学者]][[ゼノン_(ストア派)|ゼノン]]の影響を受け、詩人[[アラトス]]、歴史家ヒエロニムスらを招くなど宮廷での文芸保護にも熱心であった。
 
== 子女 ==
シリア王[[セレウコス1世]]とアンティゴノス2世の姉妹[[ストラトニケ]]との間の娘フィラと結婚し、1男を儲けた。
* [[デメトリオス2世 (マケドニア王)|デメトリオス2世]] - マケドニア王
 
==参考文献==