「上杉定実」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
| 氏族 = [[上杉氏]]([[上条上杉家]]→[[上杉氏#越後守護上杉家|越後上杉家]])
| 父母 = 父:[[上杉房実]]<ref>「山吉家伝記之写」では上杉掃部守定俊が定実の実父であるとしている。森田真一は、山吉家や「[[上杉家文書]]」に残る定俊の発給文書より、定俊は[[蒲原郡]]を本拠地とする上条上杉家の庶流と推定している。(森田真一「上条上杉定憲と享禄・天文の乱」『新潟史学』第46号、[[2001年]])</ref><br />養父:''[[上杉房能]]''?
| 兄弟 = [[積翠院]]<ref>[[仙台藩]]の史料では定実を積翠院の父とするが、積翠院が長男・[[伊達稙宗|稙宗]]を産んだのは[[長享]]2年([[1488年]])であり、年代的には全く整合性がとれない。このため実際には、積翠院は定実の実姉(15歳以上年長か)と考えられている。(長谷川伸「南奥羽地域における守護・国人の同盟関係」 『地方史研究』第254号、[[1994年]])</ref>([[伊達尚宗]]室)、'''定実'''、[[上条定憲|定憲]]、[[上杉定明|定明]]
| 妻 = [[正室]]:上杉房能の娘<br />[[継室]]:[[長尾能景]]の娘<ref>「長尾系譜」「上杉系図并長尾系図」(米沢市立中央図書館蔵上杉文書)では為景の娘の一人が定実夫人とされ、検討が必要とされている。(前嶋 敏「越後永正の内乱と信濃」『信濃』第60巻 第10号、[[2008年]])
</ref>