「カルデラ」の版間の差分

21世紀初頭において、「カルデラ盆地」や「カルデラ湖」は、1回 - 数回の噴火で現在の陥没地形が形成されたと考えられている。すなわち、1回の噴火の噴出物量が非常に多い巨大噴火であったと推定される。歴史上、[[1815年]]の[[インドネシア]]の[[タンボラ火山]]の噴火で噴出物が150km<sup>3</sup>にまで達したが、この大きさは日本の[[赤城山]]の全部の体積に相当する。
 
[[日本]]では、VEI6を超える爆発的な噴火による陥没カルデラの形成は、約37,900300年前の三瓶山[[鬼界カルデラ]]の噴火を最後にそれ以後はカルデラを形成するような噴火は発生していない。しかし、同一カルデラからの大規模噴火は、その間に数万年 - 数十万年の期間があるために、将来も発生しないという保証はない。
 
古い解説書などには、「カルデラは成層火山の山頂が噴火で陥没してできる」などと書かれている場合があるが、その後の研究によりカルデラのできる場所は成層火山の山頂とは限らず、もともと何も無かった場所で巨大噴火が起こってカルデラができる場合もあることがわかってきた。[[箱根山|箱根カルデラ]]は[[富士山]]のような巨大な成層火山の山頂にできたと考えられていたが、20世紀末以降の研究では「巨大な成層火山」の存在は否定されつつある。[[十和田湖]]・[[洞爺湖]]・[[屈斜路湖]]などではカルデラの周囲は古い地層からなっており、成層火山はなかったと考えられている。また、[[阿蘇山]]の外輪山は、ほとんどが[[阿蘇カルデラ]]そのものの噴出物からなり、やはり、巨大成層火山はなかったと考えられる。