メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
この二つの路線を[[ゼメリング鉄道]]が繋ぐこととなる。
 
[[1858年]]に'''南部鉄道会社'''(Südbahn([[:de:Südbahngesellschaft|Südbahn Gesellschaft)Gesellschaft]])に売却され、マリボルからクラーゲンフルト、フィラッハ、[[リエンツ]]を経由して[[フォルテッツァ]]まで行く路線と共に会社を構成した。
 
この南部鉄道会社によって、トリエステは貿易量を何倍にも増やすことになった。つまりそれはオーストリア・ハンガリー帝国の国際海洋貿易を向上させ、トリエステは南部中欧で最も巨大な主要港湾としての地位を確立させ、国内ではウィーン、ブダペスト、プラハに次ぐ4番目の大都市として名を馳せた。
2,620

回編集