メインメニューを開く

差分

ギフテッド

13 バイト追加, 2 年前
m
曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(私立私立学校
特殊教育の中でもギフテッドは高知能、高能力ゆえに後回しにされがちである。知能指数が平均より下方にある子供ばかりでなく、上方にある子供にも支援を受ける権利はある。ギフテッドの子供の中にはギフテッドであるがゆえの様々な問題を抱えており支援を必要としている。しかし、頭が良いのに文句を言うのは贅沢だ、もう既に十分得をしている人間がこれ以上得するために税金をつぎこむ必要はない、といった風潮が支援教育が行われない背景となっている。
 
通常ギフテッド教育を受けるには知能指数や学力試験で選抜され、素行の良さも必要とされるため、子供がギフテッド・プログラムに選ばれて嫌がる親はいない。実際ギフテッドを鼻にかける親も存在する。しかしギフテッドの子供にとって最適の育児・教育法を暗中模索する親は、時にはギフテッドではなく通常クラスに入れたり、状況が許せば[[私立学校|私立]]や[[ホームスクーリング]]を選ぶこともある。子供の才能を見逃さず最大限に伸ばす方法を考え、常に旺盛で衝動的な知的好奇心を満たす学習課題を与え、激しい感情の波のコントロールを教え、得意分野だけでなくバランスのとれた教養をめざし、高慢にならず、被害妄想を膨らませず、社会で孤立しないよう育てようとする。子供の独創性や独立精神を尊重しながらも、豊かで幸せな人生が送れるよう心をくだいているのである。しかしギフテッドの子供についての悩みは、他人には自慢話や贅沢な文句にしか聞こえず、親自身が孤立することもある。ギフテッドの親も、本人同様、似た立場にある者同士の交流が必要である。
 
== 優秀な子供とギフテッドの比較 ==
106,610
回編集