「普通自動車」の版間の差分

=== 法令改正による変更 ===
運転免許制度において、以下の変更が行われた。
*[[1956年]](昭和31年)[[8月1日] ]- 普通自動車免許を大型自動車免許と普通自動車免許に分離する。普通自動車のうち乗車定員11名以上の自動車及び最大積載量が5,000kg以上の貨物自動車は普通免許で運転することができなくなった。このとき普通免許を所持していた者は[[第二種運転免許]]の新設と合わせて大型二種免許に免許区分が変更された<ref>道路交通取締法施行令附則2項の1(昭和31年7月31日公布)ただし、この時点で満21歳未満の者は大型免許に免許区分が変更され、21歳になった時点で大型二種免許に変更された。(旅客自動車運送事業の用に供する自動車の運転に従事しているものはこれまでどおり運転することができた。)</ref>。
*[[1960年]](昭和35年)[[12月20日]] - 道路交通法施行規則が施行され大型自動車の区分が新設される。大型自動車免許で運転できる自動車が車両総重量8,000kg以上、最大積載量5,000kg以上、乗車定員30名以上に変更されたため、普通自動車免許で運転できる自動車が車両総重量8,000kg未満、最大積載量5,000kg未満、乗車定員が29名以下となる。[[小型自動車|小型自動四輪車免許]]が普通自動車免許に統合される。(ただし審査を受けなければ「普通車は小型自動四輪車に限る」の条件が付与される。)(昭和35年12月3日公布)
*[[1970年]](昭和45年)[[8月20日]] - 道路交通法施行規則改正により普通免許で運転できる乗車定員が10名以下に変更される。このとき[[マイクロバス]]を運転していた者はマイクロバスが運転できる運転免許の区分が普通自動車免許から大型自動車免許に変更されたためマイクロバス限定大型免許の試験が、[[運転免許試験場]]において6か月間だけ行われた。
*[[2007年]](平成19年)[[6月2日]] - 中型免許制度の新設により従来の車両総重量8,000kg未満、最大積載量5,000kg未満、乗車定員10人以下から現行区分へと変更された。この改正の前に受けた普通免許は、改正後は「車両総重量8,000kg未満、最大積載量5,000kg未満、乗車定員10人以下」限定の中型免許を受けていると見なされ、免許更新時に当該条件を付されたものは限定付きの中型免許を所持しているのと同じ効力を持つ免許証に更新される。すなわち改正後も新たに免許を受けることなく、改正前の普通免許で運転できた自動車を運転できる。
*[[2008年]](平成20年)[[6月1日]] - [[日本の高速道路|高速道路]]での後部座席シートベルト着用が義務付けられた。普通自動車免許に限り、聴覚障害者でも取得が可能になった。ただし、車両の前後に『[[聴覚障害者標識]]』を表示することワイドミラーの取り付けが義務付けられている。また、通常下位車種に当たる[[動機自転車]]を運転することが出来ない。なお、『聴覚障害者標識』を表示した車両に割り込みや幅寄せをすると、違反点数1点、[[反則金]]5,000円が科せられる。
 
税制面では[[1989年]](平成元年)の改正で乗用車の[[物品税]]が廃止され、[[消費税]]の導入と共に、[[自動車税]]も排気量を基準に改められ[[小型自動車]]との区分けが無くなった<ref>[http://www.7cartax.com/a3-3.html 知っておいた方が良いこと|自動車税.com]</ref>。
 
== 免許制度 ==
匿名利用者