「カルバニア物語」の版間の差分

クロスチアの人々を加筆
(整理)
(クロスチアの人々を加筆)
カルバニア王国の若い国王が亡くなり、急遽即位した十代の女王タニアと、父の跡を継いで初の女公爵になることを目指す男勝りな公爵令嬢エキュー・タンタロットをメインキャラに、二人が慣習や常識と奮闘しながら少しずつ女性の地位と権利を確立していく様を描く連作マンガ<ref>[http://d.hatena.ne.jp/kaien/20070915/p2 「ファンタジィは女性をどう描いてきたか。」 海燕] Something Orange</ref>。一つ一つのエピソードは比較的短い。現在の時間軸の二人のストーリーに加え、幼少期や、カルバニア王国と周辺国の関係者が主役の話もあり、現在も『[[Chara (雑誌)|Chara]]』誌で連載中である。
 
軽やかでコミカル、繊細なフェミニズム・ファンタジー作品で、女性だけでなく男性から評価も高く<ref>[http://ameblo.jp/petronius/entry-10050813630.html 「『カルバニア物語』 TONO著 女の子の自立の物語」] 旧館:物語三昧~できればより深く物語を楽しむために</ref>、「それぞれに意見も価値観も違う複数の人物を公正に描こうとする寛容さが、この作品の最大の魅力」<ref>[http://d.hatena.ne.jp/kaien/20071002/p4 「漫画におけるユニークフェイス。」 海燕] Something Orange</ref>と評されている。また、作品世界に現代のような生理用品がまだ存在しないこともあり、生理に関するエピソードも多い。
 
== 主な登場人物 ==
; イサドラ
: ロプスの助手。以前はカッチャン伯爵家のメイドで、ロプスの名を騙り、伯爵令嬢にとんでもないドレスを作っていた。
; プラプープ・カッチャン伯爵令嬢
: 裕福なカッチャン伯爵家の一人娘。ミーハーでブランド物が大好きだが、センスが悪い。見た目は少女に見えるが、実はエキューよりずっと年上。
; ダゴル長官
: パーマー国の伯爵令嬢。タニアの美貌が自慢のカルバニア国民に対する牽制として、パーマー国王が記念式典に国使として遣わせた、パーマー国一の美女。国使に選ばれた理由を知って苦しむが、誇りをもって役目を果たしたことで受勲された。
 
=== クロスチアの人々 ===
; ビス・シュート
:エキューのクロスチア留学時代の友人で、宝石商の息子。暴力が苦手だが霊能力があるため、オカルトが苦手なエキューに頼りにされている。追放されたタニアの母プラティナがたまたま隣の修道院に預けられたことから親しくなり、のちに義理の親子になる。
; コルトン・シュート
:ビスの父で、庶民だが古くから続く宝石商。カルチェと名を変えたプラティナに求婚し、再婚。前妻との間に息子が三人、カルチェとの間に娘テフがいる。
;カルチェ・シュート
:コルトンの妻で、元カルバニア王妃プラティナ。修道院での生活ののち、求婚されシュート家に入る。家族から愛と尊敬を得て、つつましくも満ち足りた暮らしをしている。料理が得意。結婚して幸せ太りし、タニアとの再会のために猛烈にダイエットした。
; テフ・シュート
:コルトンとカルチェの娘で、タニアの異父妹。容姿はタニアにそっくり。5歳。
== 単行本 ==
[[2015年]]8月現在、単行本は16巻まで刊行されている。
{{DEFAULTSORT:かるはにあものかたり}}
[[Category:漫画作品 か|るはにあものかたり]]
[[Category:アニメージュ]]
[[Category:ファンタジー漫画]]
[[Category:LGBT関連漫画]]
2,445

回編集