「アルミホイール」の版間の差分

日本においては1966年に遠州軽合金([[エンケイ]])が初めて輸出用にアルミホイールの生産に成功した。
 
=== 市販乗用車・軽貨物車用ホイール ===
市販乗用車用のアルミホイールは、主にドレスアップを目的として購入される製品である。同一車種でも下位~普及価格帯のグレードでは「スチールホイール+ホイールキャップ」が標準仕様となるものが、上位グレードでは「大径アルミホイール+ロープロファイルタイヤ」の組み合わせとなる場合も多い。標準仕様のほか、[[ディーラー]]オプションとしてデザインやサイズを変えて多数用意されることは珍しくない。
近年の傾向として、基本的に市販車用のアルミホイールは機能部品というよりそのドレスアップ性や耐腐食性に重きを置いて製造される場合が多い。
このため機能を重視する[[スポーツカー]]での採用だけでなくその他の、軽自動車をはじめ一般車両がりを見せく普及しており、標準装着または[[ディーラー]]オプションとして多数用意されることは珍しくない。また[[カー用品|自動車用品店]]では社外品(自動車メアフタではケットパーツとして、様々い、第三者メーカーデザイン品)のが数多く発売されている。
かつてよりスポーツカーユーザー向けの軽量ホイールは存在していたが、近年では燃費性能の向上のため軽量ホイールを採用する車種が増えており、アフターマーケットでは[[ブリヂストン]]のECOFORMEシリーズなど軽量化による性能向上を謳うホイールも登場しているほか、冬季に[[融雪剤]]を散布する寒冷地・積雪地向けとして、特に対腐食性に重きを置いているアルミホイールも存在する。
 
一般的お、自動車を[[スチールホイール]]からアルミホイールに履き替える場合、[[自動車検証]]上の用途が「乗用」と記載されていない車両(4ナンバーの貨物車両など・特種・幼児専用)の場合には購入対象のアルミホイールの技術基準適合状況を事前によく確認する必要がある。[[保安基準]]の告示<ref>{{PDFlink|[http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_002_00.pdf 道路運送車両の保安基準の細目総重量が3500kg定め超え告示【2008.07.07】別添2(軽合金製ディスクホイールの技術基準)]}}</ref>では「専ら乗用の用に供す最大積載量が500kgを超え乗車定員10人以下の貨物自動車(乗用車)を除く普通自動車、小型自動車及び軽自動車」には「トラック及びバス用軽合金製ディスクホイールの技術基準に適合したホイール(JWL-T規格)」が必要とされており、乗用車以外の車両購入対象のアルミホイールは[[JWL|JWL-T]]刻印打刻されているものでなければ保安基準に適合せず、貨物自動通らないため使用<ref>ただし4ナンバー車両うち、最大積載重量かを確認する必要350 kgある。それらものについて場合[[JWL|JWL-T]]刻印適合が必要良いという判断を行う[[陸運局]]や[[軽自動車検査協会]]も有ため、事前に地元の陸運局にも確認を取っておくことが望ましい。</ref>
平成26年2月の保安基準改正までは、貨物車等は一律JWL-Tが必要であったが、上記の通り緩和された。
 
=== 大型自動車用ホイール ===
匿名利用者