「宏智正覚」の版間の差分

+tmp, cl
m (ボット: 言語間リンク 3 件をウィキデータ上の (d:Q1060944 に転記))
(+tmp, cl)
|著作=
}}
 
'''宏智正覚'''(わんし しょうがく、[[1091年]]([[元祐]]6年) - [[1157年]]([[紹興 (宋)|紹興]]27年))は、[[中国]]の[[宋 (王朝)|宋代]]の[[禅]]僧。[[曹洞宗]]に属し、多くの弟子がいて[[宏智派]]の祖とされた。[[黙照禅]]という[[坐禅]]の形を正統のものと主張し、多くの詩偈を残した。
 
当時の中国社会では、宗杲の理論が支持を受け、臨済宗が大いに隆盛することとなったが、曹洞宗も続き、両宗は[[日本]]から[[栄西]]や[[道元]]らの留学僧を迎えて日本にも伝わり、それぞれ公案禅と[[只管打坐]]という形で現在も受け継がれている。
 
<center><table border = 1><tr><td width = 30% align = center>師:<td width = 40% align = center>[[禅宗]]([[曹洞宗]])<td width = 30% align = center>弟子:</table></center>
{{Buddhism-stub}}
{{People-stub}}
-------
{{禅}}
<center><table border = 1><tr><td width = 30% align = center>師:<td width = 40% align = center>[[禅宗]]([[曹洞宗]])<td width = 30% align = center>弟子:</table></center>
 
{{DEFAULTSORT:しようかく}}
13,609

回編集