「ブリオッシュ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎概要: ページ番号を明記しました)
[[ファイル:Brioche des Rois dsc06781.jpg|thumb|ブリオッシュのアレンジ。[[トゥーロン]]のブリオッシュ・デ・ロワ]]
[[ファイル:Jean-Baptiste Siméon Chardin 028.jpg|thumb|『ブリオッシュのある静物』、[[ジャン・シメオン・シャルダン|シャルダン]]画]]
 
'''ブリオッシュ'''([[フランス語|仏]]:Brioche)は[[フランス]]の[[菓子パン]]([[ヴィエノワズリー]])の一つ。ブリオーシュとも書く。
 
== 概要 ==
普通の[[フランスパン]]とは違い、[[水]]の代わりに[[牛乳]]を加え、[[バター]]と[[鶏卵|卵]]を多く使った口当たりの軽い発酵パンの一種である。材料が焼き菓子に近いことから、発酵の過程を要する[[ケーキ]]({{langLang-fr-short|gâteau}} 、ガトー)の一種とされることもある。名称は[[ノルマン語]]で「(生地を[[麺棒]]で)捏ねる」を意味する動詞の古形 " ''brier'' " <ref group="注釈">''brier''は、現代フランス語 ''broyer''(すり潰す)や英語 ''break'' (破壊する)と共通の語源を有する古語である。</ref>)から派生したもの。
 
'''ブリオッシュ・ア・テート'''({{langLang|fr|brioche à tête}} 、「頭のついたブリオッシュ」)という、[[だるま]]のような形に成形したものが最も一般的であるが、他にも色々な形に成形される。[[プロヴァンス]]地方などでは[[公現祭]]を祝って[[ガレット・デ・ロワ]]の代わりにブリオッシュ生地を用いてブリオッシュ・デ・ロワ(brioche des Rois)またはガトー・デ・ロワ(gâteau des Rois)という菓子を作る。「ロワ」とは[[東方の三博士]](les Rois mages)のことで、ブリオッシュ・デ・ロワは普通のブリオッシュよりも大きく、王冠のような環型の生地を砂糖漬けの果実などで飾りつける。またブリオッシュの生地は、[[クグロフ]]、[[サヴァラン]]、[[ババ (菓子)|ババ]]などにも応用される。
 
[[シチリア]]ではブリオッシャ(brioscia)と呼ばれ、よく[[グラニテ|グラニタ]]と共に食したり、二つ切りにしてグラニタをはさんで食べたりする。
 
発祥は[[16世紀]]の[[オート=ノルマンディー地域圏|ノルマンディー高地地方]]で、当地はバター等の良質の乳製品の産地として有名であった。現代ではブリオッシュを朝食に食べることがあるが、[[中世]]ヨーロッパでは、主食とするパンは小麦粉を水と塩のみで練って作るもので、バターや牛乳、卵の入ったブリオッシュのようなパンは菓子であると考えられていた。[[18世紀]]のフランス王妃[[マリー・アントワネット]]が言ったと伝えられる「[[ケーキを食べればいいじゃない|パンが食べられないのならお菓子を食べればよいのに]]」の「お菓子」とはこのブリオッシュのことである(ただし、この発言は捏造であることが判明している<ref>『学習漫画 世界の伝記  マリー・アントアネット』[[集英社]]  89頁および135頁</ref>)。
 
一般的なブリオッシュの材料は、小麦粉250gに対して牛乳65g、砂糖35g、卵120g、バター125g、塩5g、イースト10g程度の割合で(作り手によって、あるいはアレンジよって多少は異なる)粉、塩、水だけで作るリーン系のバケットはもちろん[[クロワッサン]]や[[バターロール]]などのパンと比べてもバター・卵・牛乳・砂糖といった副材料の割合が非常に多く、材料からもパンと[[パウンドケーキ]]の中間にあるようなパンである<ref>『お菓子の基本大図鑑』(2001)</ref><ref>『パンの辞典』(2006)p.18</ref><ref group="注釈">パウンドケーキは小麦粉、バター、砂糖、卵を等量に用いる。</ref>。
 
== 関連項目 ==
{{Commons&cat|Brioche|Brioche}}
* [[フランスパン]]
* [[菓子パン]]
* [[マリー・アントワネット]]
* [[悪ノ娘]]
{{Commons&cat|Brioche|Brioche}}
 
{{デフォルトソート:ふりおつしゆ}}
匿名利用者