「検察事務官」の版間の差分

→‎概説: 特任検事のリンクが切れていたので、 適切な処置を施しました。
(→‎検察事務官が任命される役職: リンク先が存在せず、赤い字が目立ち 見辛いと判断したのでリンクを切らせていただきました。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎概説: 特任検事のリンクが切れていたので、 適切な処置を施しました。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[徽章]]は[[桐紋|五三桐花紋]](中央省庁[[紋章]])に“検察”の字が入った物。
 
[[大日本帝国憲法]]下の[[奏任官]]・[[判任官]]の名残で、二級と三級の別があり、検察事務官二級となって3年を経過した者は考試の上、[[副検事]]となることができる。また、副検事から考試を経て[[検事]]([[特任検事]])になる者もいる。なお、この二級・三級は、俸給(給与)の級とは全く別のものである。
 
採用後は、本人の希望と能力により、[[法務省]]([[大臣官房]]、[[法務省刑事局|刑事局]]など)、[[公正取引委員会]]、[[防衛省]]、[[金融庁]]、[[証券取引等監視委員会]]、[[外務省]]、[[財務局]]、[[国税局]]等へ出向して職務経験することが可能である。
106

回編集