「大胡氏」の版間の差分

編集の要約なし
}}
'''大胡氏'''(おおごし)は、[[鎌倉時代]]から[[室町時代]]にかけて[[上野国]][[赤城山]]南麓で勢力を持った[[武士]]の一族。[[藤原秀郷]]の子孫で、[[足利氏 (藤原氏) |藤姓足利氏]](源姓の足利氏とは別系統)の[[庶家|庶流]]にあたる。[[足利成行]]の庶子[[大胡重俊|重俊]]が大胡太郎を称したのに始まる。
 
 
__TOC__
<br clear="both" />
 
== 歴史 ==
[[平安時代]]から[[上野国]][[大胡城]]を拠点として、一族が城のある大胡郷(現在の[[前橋市]][[大胡町|大胡地域]]、及び利根川支流の[[広瀬川 (群馬県)|広瀬川]]・[[桃木川]]以東の前橋市部)<ref>戦国期に厩橋城に拠った長野氏・北条氏の勢力拡大のため、鎌倉期に地名として見えなかった厩橋(前橋の古名)地域が拡大、大胡郷が縮小したとみられる(久保田順一「越後北条氏の厩橋支配」『群馬文化』206、[[1986年]])。</ref>を治めていた藤原姓足利氏の一族である。ただし居城とした大胡城とは、現在の大胡城址近戸曲輪で、館は城址西方の[[養林寺]]と推定される<ref name="oo">『大胡町誌』大胡町、[[1976年]]。</ref>。
6,162

回編集