「奈良漬け」の版間の差分

m (外部リンクの名称訂正)
奈良漬けは、元々西暦[[700年代]]から「かす漬け」という名で存在しており、[[平城京]]の跡地で発掘された[[長屋王]]木簡にも「粕漬瓜」と記された納品伝票らしきものがある。なお、当時の[[酒]]といえば[[どぶろく]]を指していたため、粕とは搾り粕ではなくその容器の底に溜まる沈殿物のことであったようである。また、当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていたようで、高級食として扱われていたという記録がある。
 
「奈良漬け」の名は、1492年(明応元年)『山科家礼記』に、宇治の土産として「ミヤゲ、'''ナラツケ'''オケ一、マススシ一桶、御コワ一器」と記してあるのが初見である。その後、1590年(天正18年)『北野社家日記』、1597年(慶長2年)『神谷宗湛献立日記』にも見え、1603年(慶長8年)『日葡辞書』では、「奈良漬は奈良の漬物の一種であり、香の物の代わりに使う」と記されている<ref>土井忠生、森田武、長南実編訳 『日葡辞書:邦訳』岩波書店、1980年。</ref>。
その後、奈良漬けは[[江戸時代]]に入ると幕府への献上や[[奈良]]を訪れる旅人によって普及し、庶民に愛されるようになる。「奈良漬け」へ変わったのは、奈良の漢方医[[糸屋宗仙]]が、[[慶長]]年間([[1596年]] - [[1615年]])に名付けたからである。現在では一般名詞化し、[[奈良県]]以外で製造したものも奈良漬けと呼ばれる。奈良県以外では、[[灘五郷]]([[兵庫県]][[神戸市]][[灘区]])などの酒粕を用いた[[甲南漬]]、[[名古屋市]]周辺で収穫される[[守口大根]]を用いた[[守口漬]]などもある。
 
[[江戸時代]]に入ると、[[奈良]]中筋町に住む[[漢方医]]糸屋宗仙が、[[慶長]]年間([[1596年]] - [[1615年]])に、[[シロウリ]]の粕漬けを「奈良漬」という名で売り出して、[[江戸幕府|幕府]]への献上や[[奈良]]を訪れる旅人によって普及し、庶民にも愛されるようになる。幕末の『[[守貞謾稿]]』後集巻1「香物」には「酒の粕には、[[シロウリ|白瓜]]、[[ナス|茄子]]、[[ダイコン|大根]]、[[カブ|菁]]を専らとす。何国に漬たるをも粕漬とも、奈良漬とも云也。古は奈良を製酒の第一とする故也。」とあり、銘醸地奈良の[[南都諸白]]から生まれる質のよい[[酒粕]]に負うところが大きいことが記されている<ref>喜田川守貞[{{NDLDC|2592417/23}} 『[[守貞謾稿]]』後集巻1]</ref>。
 
その後、奈良漬けは[[江戸時代]]に入ると幕府への献上や[[奈良]]を訪れる旅人によって普及し、庶民に愛されるようになる。「奈良漬け」へ変わったのは、奈良の漢方医[[糸屋宗仙]]が、[[慶長]]年間([[1596年]] - [[1615年]])に名付けたからである。現在では一般名詞化し、[[奈良県]]以外で製造したものも奈良漬けと呼ばれ、一般名詞化している。奈良県以外では、[[灘五郷]]([[兵庫県]][[神戸市]][[灘区]])などの酒粕を用いた[[甲南漬]]、[[名古屋市]]周辺で収穫される[[守口大根]]を用いた[[守口漬]]などと名付けられた品物もある。
 
== 特徴 ==