「直列14気筒」の版間の差分

編集の要約なし
'''直列14気筒'''(ちょくれつじゅうよんきとう)とは、[[シリンダー]](気筒)が14本直列に並んでいる[[レシプロエンジン]]等のシリンダー配置である。直列14気筒エンジンは非常に長いエンジンで、それゆえに大きな[[船舶]]への利用に限られる。
 
唯一知られている直列14気筒エンジンは'''Wärtsilä-Sulzer RTA96-C'''系列のエンジンである。それは[[コンテナ船]]に使われる巨大な[[2ストローク機関|2ストローク]][[ユニフロー掃気ディーゼルエンジン]]である。
 
このモジュラーエンジンの[[排気量]]は25,480L480リットル[[ボア]]内径は0.965m、[[ストローク]]行程は2.5mである。全長27.1m、全高13.4m、重量2,300トンである。[[馬力]]は108,920馬力(80,080 [[キロワット|kW]]) / 102 rpm、[[トルク]]は7,603,749 [[ニュートンメートル|Nm]]である。
 
== 関連項目 ==
{{Tech-stub}}
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:ちよくれつ14きとう}}
[[Category:往復動機関]]
23,380

回編集