「スロットマシン」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
=== 初期のリールマシン ===
現代のリールマシンのように、複数の回転輪を並べて回転させ、停止した時の絵柄の組合せで得喪を決定するリールマシンは、1890年代の早い時期から、ポーカーをモチーフとするゲームとして出現している。しかし、それらはゲーム結果の判定と払い出しを自動的に行うメカニズムを備えておらず、当たりの目が出た場合には、オペレーターが景品のビールや葉巻お菓子を手渡しで払い出す必要があった。
 
=== リバティ・ベルと3リールマシンの台頭 ===
匿名利用者