「畠山義総」の版間の差分

m
誤字修正
m (誤字修正)
[[延徳]]3年([[1491年]])、能登畠山氏の第5代当主・[[畠山慶致]]の子として生まれる。祖父で第3代当主であった[[畠山義統]]が死去した後、能登畠山氏では内紛が起こり、それによって第4代当主であった畠山義元は追放され、代わって第5代当主に畠山慶致が擁立された。しかし[[永正]]3年([[1506年]])に義元が第6代当主として復帰したため、父の慶致は[[隠居]]し、その実子である義総が義元の養子となり、後継者に指名された。
 
その後は義元と共同統治を行なって[[一向一揆]]を鎮圧し、畠山家当主の権力強化による[[守護大名]]から戦国大名へ脱皮にも成功した。永正12年([[1515年]])の義元の死去により、[[家督]]を継いで第7代当主となる。
しかし[[大永]]5年([[1525年]])までは父・慶致と共に共同統治を行なった。
 
34

回編集