「ルジンの問題」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
Aの底面を分割している立方体の中で最も小さい立方体は、隣接しているどの立方体よりも高さが低いので、その上には[[角柱|正方角柱]]状のくぼみが出来る。そのくぼみには、くぼみより大きい立方体を入れることは出来ない。
 
また、くぼみの底と等しい大きさの立方体を使うことも出来ない。このくぼみより小さい立方体を使うことが考えられるが、くぼみの底には全て異なる大きさの立方体を使わなければならず、[[無限降下法|この問題が無限に繰り返される]]<!--★これは無限降下法ではない。ノート参照-->こととなり、立方体の数の有限性に矛盾
 
したがって、立方体を有限個の異なった大きさの立方体として分割することはできない。
1,625

回編集