「マラン・メルセンヌ」の版間の差分

 
==生涯==
1588年9月8日に出生し、即日[[カトリック教会|カトリック]]の[[洗礼]]を受けた。幼少より勉学の才を表し、メルセンヌの両親は財政的な困窮にもかかわらず彼に教育を受けさせ、最初に[[ル・マン]]校で[[文法]]を専攻し、16歳の頃、[[ラ・フレシュ]]にある王立学院に入った。そこは親の経済状況を問わず才能ある若者を育成るため新設された[[イエズス会]]士の教育機関であった。メルセンヌより8歳年下の[[ルネ・デカルト|デカルト]]も後に彼らが終生の友情を結ぶことは知らずに2年後輩として入学している。その後[[パリ大学]]で[[神学]]を学び、[[1614年]]から[[1618年]]の間は[[ヌヴェール]]で[[哲学]]と神学を教えた。[[1620年]]に[[パリ]]に戻り、以降[[イタリア]]や[[オランダ]]への旅行以外は、終生パリの僧院に住み続け神学と哲学を教えるかたわら、自身の学問の研究を続けた。しばしばメルセンヌは[[修道士]]であると誤解されるが、実際には修道士の教育機関によって教育を受け指導者となっただけであり、イエズス会員になったことはない。
 
温和で親切な性質で、当代の研究者達の交流のネットワークを積極的につくりあげた。[[ガリレオ・ガリレイ|ガリレオ]]の学術研究もサポートし、いくつかの翻訳作業などを行った。メルセンヌが彼らと交わした膨大な往復書簡は、当代の偉人の業績や生活ぶりを知る現在の貴重な研究資料ともなっている。特にデカルトとは親友であり、デカルトがオランダへ移ったさいもメルセンヌだけにその居場所を教え交信を続けた。またデカルトによるとメルセンヌは非常に好奇心が旺盛で、[[旧約聖書]]『[[創世記]]』28章12節に出てくる「[[ヤコブの梯子]]」の長さを計算してみるなど「様々なことを知りたがりすぎる」とこぼさせた。