メインメニューを開く

差分

'''ザ・ガーデン自由が丘'''は、「高質食品スーパーマーケット」をコンセプトとし、地方名産品や[[ワイン]]などを重点的に取り扱う食品スーパーである。屋号の通り、東京・[[自由が丘]]で創業した単独路面型食品スーパーであるが、大半の店舗は[[百貨店]]や駅商業施設内の食品売り場へのテナントとしての出店である。商業施設の地下ワンフロアを占有する大型店から、品目を絞る一方で営業時間を拡大した小型店まで、複数の業態の店舗が存在する。
 
[[1966年]]([[昭和]]41年)12月、[[目黒区]]自由が丘の[[昭和シェル石油|シェル石油(現・昭和シェル石油)]]の[[ガソリンスタンド]](現・自由が丘店所在地)に併設する形で、[http://www.shimasho.co.jp/index.html 島商]、英[[ロイヤル・ダッチ・シェル|シェル石油]]、[[国分 (商グループ本)|国分]]の三社の出資により、輸入食材を扱う「スーパーマーケット シェルガーデン」が開店した。
 
[[1983年]](昭和58年)に[[西友]]が資本参加し、[[セゾングループ]]入りすることとなる。以降、高級食材専門のスーパーであったハウディ西武を継承するなどして店舗数を増やした。[[1995年]]([[平成]]7年)には[[西武百貨店]]が約3分の2を出資するとともに、池袋本店に出店。このとき店名を「ザ・ガーデン自由が丘」に変更した。
28,242

回編集