「漢学」の版間の差分

このような学習が、明治初期まで漢学の重要な分野であった。
===戦前===
[[明治]]初期の[[私塾]]では[[二松学舎]]や[[國學院]]などが数多く存在した。[[明治政府]]が[[西洋]]各国の学問の摂取を進めると、古い[[儒学]]系統の学問は衰えて、代わって西洋の学問研究を取り入れた「[[中国学|支那学]]」として再構築されるようになる。ところが支那学の中心となった学派が[[京都帝国大学]]であった事から、これに反発する[[東京帝国大学]]の学派や、古来日本が文明を取り入れた中国と当時の[[列強]]による[[半植民地]]状態の中国を意図的に分離を図る[[国粋主義者]]の中には、依然として「漢学」という呼称を用いる者があった。
 
===戦後===