「グレゴリー式望遠鏡」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[ファイル:Gregorian_telescope.svg|thumb|480px|right|グレゴリー式望遠鏡]]
'''グレゴリー式望遠鏡'''(グレゴリーしきぼうえんきょう、{{lang|en|Gregorian telescope}})は、[[ジェームス・グレゴリー]]により<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1">『天文アマチュアのための望遠鏡光学・反射編』pp.1-34「反射望遠鏡が宇宙を開拓した」。</ref><ref name="allteresco1981-50">『天体望遠鏡のすべて'81年版』pp.50-57「歴史的な望遠鏡の光学精度を推理する」。</ref>考案された[[反射望遠鏡]]の一形式である。
 
== 発明 ==
[[スコットランド]]<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>の数学者<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>[[ジェームス・グレゴリー]]<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>は放物凹面の主鏡<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>と楕円凹面の副鏡<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>を使い正立像を得られる<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/>望遠鏡を発明<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/>し、[[1663年]]<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>に原理を発表した<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/>『天文アマチュアのための望遠鏡光学・反射編』pp.1-34「反射望遠鏡が宇宙を開拓した」。</ref name="allteresco1981-50"/>。しかし当時の技術水準では<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/><ref name="allteresco1981-50"/>正確な研磨も光軸調整もできなかった<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1"/>ため実物を製作できず<ref name="allteresco1981-50"/>、試作は不成功に終わった<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-1" />。
 
== 最初の反射望遠鏡 ==
直接に正立像が得られるため金属鏡が使われた時代には[[フィールドスコープ|地上望遠鏡]]としてイギリスで多用された<ref name="opticaltheoryforamatourmirror-53">『天文アマチュアのための望遠鏡光学・反射編』pp.53-70「反射望遠鏡の種類」。</ref>。
 
方式を切り替えできる望遠鏡を製作する場合、光路中に平面鏡を入れるだけで[[ニュートン式望遠鏡]]になるため、光軸が狂う心配がない<ref group="注釈">[[カセグレン式望遠鏡]]とニュートン式望遠鏡の方式を切り替えるには双曲面鏡を着脱する必要があるため光軸が狂う危険がある。</ref><ref name="opticaltheoryforamatourmirror-53" />。
 
また主鏡副鏡ともに凹面鏡であるため、独立して実像を正確に検査ができる<ref group="注釈">カセグレン式望遠鏡の副鏡は凸面であり、検査には補助の鏡が必要である。</ref><ref name="opticaltheoryforamatourmirror-53" />。
 
== 注釈 ==
 
== 参考文献 ==
*天文と気象別冊『天体望遠鏡のすべて'81年版』地人書館
*[[吉田正太郎]]『天文アマチュアのための望遠鏡光学・反射編』[[誠文堂新光社]] ISBN 4-416-28813-1
 
23,380

回編集