「サラダ油」の版間の差分

改善されない要出典範囲を除去
(改善されない要出典範囲を除去)
[[File:Oil3.jpg|thumb|right|200px|]]
 
'''サラダ油'''(サラダゆ、サラダあぶら)、'''サラダ・オイル''' (salad oil) は、[[精製]][[植物油の一覧|植物油]]の一種で、指定された9種の原材料のうち、いずれかを用いた{{要出典範囲|日本の[[油脂#食用油脂|食用油]]類の総称|date=2015年8月}}
 
主流である[[キャノーラ油]]を指してサラダ油と称される事が多い。
==特徴==
[[File:Sunflowerseed oil.jpg|thumb|right|180px|]]
[[低温]]下でも長時間[[結晶化]]しないように[[精製]]されており、[[サラダドレッシング]]や[[マヨネーズ]]のような製品の原料として適している{{要出典範囲|[[日本]]独自の製品である|date=2015年8月}}。また、味や匂いにクセが無いことも特徴である。
 
サラダ油は[[日本農林規格]](JAS)により定められている。従ってJAS規格のある[[原材料]]を用い、なおかつJAS認定[[工場]]で[[製造]]されたものでなければ「サラダ油」を名乗ることは出来ない。[[2007年]][[6月]]現在、[[アブラナ|菜種]]、[[ワタ|綿実]]、[[ダイズ|大豆]]、[[ごま]]、[[サフラワー]]([[ベニバナ|紅花]])、[[ひまわり]]、[[とうもろこし]]、[[こめ|米]]([[米糠]])及び[[落花生]]にサラダ油の規格がある。また、二種類以上の植物油を混合して作られたサラダ油は[[調合サラダ油]]と呼ばれる。従って、[[オリーブ]]油や[[椿]]油のサラダ油は存在しない。ただし、これらの油を調合サラダ油の原材料として、規格の範囲で混合することは可能である。