メインメニューを開く

差分

m
#刺激により立毛、発汗といった自律神経反応の出現をみる。
#局所単収縮反応や逃避反応が発生する。
その後の論争を経て、いずれにしても圧痛部位と侵害受容器の感作の関係について広く知られるところとなった{{sfn|森本ら|page=19}}。また、血流の低下が存在する部位で筋収縮を繰り返すと筋肉痛を生じることも明らかとなった
 
== 関連痛と機序 ==
1,952

回編集