メインメニューを開く

差分

発痛点について追記。
'''トリガーポイント'''({{lang-en-short|Trigger point}})とは、圧迫や[[針]]の刺入、[[加熱]]または[[冷却]]などによって関連域に[[関連痛]]を引き起こす体表上の部位のことである{{sfn|森本ら|page=17}}。トリガーポイントは単なる[[圧痛点]]ではなく、関連痛を引き起こす部位であることに注意が必要である。平たく言えば、[[患者]]が指摘する最も凝りの強い部位、あるいは[[痛み]]が存在する部位で、しかも圧迫により痛みが周囲に広がる部位と考えられる。トリガーポイントの留意点としては、疼痛を自覚している部位に多くは存在するけれども、かけ離れた部位に見いだされることもある点である。{{sfn|森本ら|page=18}}
 
発痛点(はっつうてん)とも呼ばれる。<ref>{{cite web|url=http://www.jmps.jp/medical/treatment|title=治療|publisher=筋膜性疼痛症候群(MPS) 研究会|accessdate=2016-1-14}}</ref>
 
== 歴史 ==
1,952

回編集