「論説委員」の版間の差分

== 概要 ==
社説を執筆する際、社の意見として執筆するため、記者の署名が無いので論説委員と呼ばれる専門記者が複数人集まり、その日に執筆する社説の内容を合同討議して執筆する。
また、日本の[[地方紙]]においては加盟している[[通信社#各国の主な通信社|通信社]]の論説委員が社説参考記事を配信しているため、それを元にして社内の論説委員が合議して社の方針を決め執筆する<ref>{{Cite book|和書|author=日下公人|authorlink=日下公人|year=2011|title=誰も書かなかった「反日」地方紙の正体 日下公人(|publisher=[[産経新聞出版]]|pages=43 |isbn=9784819111379}}</ref>。
社説とは別に新聞紙面において、コラムを掲載している新聞社は論説委員が署名記事としてコラムを執筆する。
社によっては論説委員専門の「論説委員室」と言う部署を置き、記者の机を置いている。
281

回編集