「グレゴリー式望遠鏡」の版間の差分

編集の要約なし
(出典整理)
編集の要約なし
 
== 量産化 ==
実機の製作は[[ニュートン式望遠鏡]]に遅れたものの、直接に正立像が得られるため金属鏡が使われた時代には[[フィールドスコープ|地上望遠鏡]]としてイギリスで多用された<ref name="allteresco1981-50"/>{{Sfn|吉田正太郎|1988|pp=53-70}}。例えばJ・ショートは[[1732年]]から[[1768年]]の36年間に1,400台、すなわち1ヶ月に3台以上のペースで製造しており、その何台かは現存する<ref name="allteresco1981-50"/>。J・ショートが製造した中で最大の製品は主鏡直径55cm、焦点距離3.65mであった<ref name="allteresco1981-50"/>。1742年製の一例を示すと、主鏡口径φ58mm、焦点距離244mm、副鏡直径φ38mm、鏡間距離286mm、合成焦点距離2,400mm、これに焦点距離42mmの[[接眼レンズ]]は[[クリスティアーン・ホイヘンス|ハイゲンス式接眼鏡]]式の42mm、を併用して倍率57倍、見かけ視界直径18φ18[[度 (角度)|度]]であった。
 
== 特徴 ==
23,380

回編集