「サラダ油」の版間の差分

→‎歴史: 出典の記事タイトルはあくまでも「サラダ油の語源」であり、まるで日本で発明されたかのような記述は間違い
(→‎歴史: 出典の記事タイトルはあくまでも「サラダ油の語源」であり、まるで日本で発明されたかのような記述は間違い)
 
== 歴史 ==
日本で今日用いられている「サラダ油」という名称の起源は、[[1924年]]([[大正]]13年)に日清製油(現在の[[日清オイリオグループ|日清オイリオ]])が発売した「日清サラダ油」という[[商標|商品名]]でサラダ油を[[販売]]したのが最初である<ref> {{ cite web
| title = サラダ油の語源
| work = 油Q&A
| accessdate = 2008-12-01
}} </ref>。当時欧米では、生野菜に酢と塩と[[油]]を和えて食べること([[サラダ]])が流行していて、透明度が高く冷やしても白濁しにくい油が求められた。日清製油は、このようなサラダ料理にも使える精製度の高い良質の[[食用油]]として「サラダ油」を販売した。
 
近年では主原料である大豆の価格高騰により、サラダ油の価格も高くなっている。
 
== サラダ油の原料となる植物 ==