「二次関数」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
:<math>f(x) = ax^2 + bx + c \quad (a \ne 0)</math>
の形で表される[[関数 (数学)|関数]]のことである。係数 ''a'', ''b'', ''c'' が実数値の[[定数]]で、''x'' が実数値をとる変数とすると、その[[グラフ (関数)|グラフ]]は ''xy''-[[座標系]]において[[放物線]]を描く。
 
これは集合と写像の概念を用いて、
:実数全体のなす集合 '''R''' から '''R''' への写像
:: ''f'': '''R''' &rarr; '''R'''; ''x'' &rarr; ''ax''<sup>2</sup> + ''bx'' + ''c''
:を考えたとき、そのグラフ {(''x'', ''y'') &isin; '''R'''<sup>2</sup> | ''y'' = ''f''(''x'')} は '''R'''<sup>2</sup> 内の放物線を描く。
と言っても同じことである。
 
本項目では実数値関数としての二次関数に着目して、[[解析幾何学]]でよく知られた事項を記す。
匿名利用者