「グラタン」の版間の差分

編集の要約なし
'''グラタン'''({{lang-fr-short|gratin}})は、[[フランス]]の[[ドーフィネ]]地方が発祥の地<ref>[http://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/0412/02.html 「料理食材大辞典」主婦の友社発行をもととした農林水産省の消費者相談「ドリア、ハヤシライス、グラタンの語源を知りたい」回答]2010年12月30日閲覧。</ref>といわれる[[郷土料理]]から発達した[[料理]]である。「[[オーブン]]などで料理の表面を多少焦がすように調理する」という調理法、およびその調理法を用いて作られた料理の両方を意味する。この調理法を用いたものはすべてグラタンであり、[[デザート]]用に作られるものなどもある。
[[フランス語]]では、鍋に張り付いた'''おこげ'''と言う意味がある。
[[日本]]では、「[[ベシャメルソース]]を用いたものをグラタンと呼ぶ」というイメージが強いが、明らかな誤解であり、むしろ必要条件素材が何である「れ焼いて焦げ目をつけた料理に冠す名が「グラタンという点を見落としていである。
 
== フランス料理としてのグラタン ==