「高瀬川 (京都府)」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎歴史: 京都市営東松ノ木団地の建設により、流入点がやや北(九条通寄り)に移動を追記)
[[ファイル:高瀬川2572.JPG|thumb|200px|一之舟入への分岐]]
'''高瀬川'''(たかせがわ)は、[[江戸時代]]初期([[1611年]])に[[角倉了以]]・[[角倉素庵|素庵]]父子によって、[[京都]]の中心部と[[伏見]]を結ぶために物流用に開削された[[運河]]である<ref>[http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=10&ManageCode=303 京都観光Navi:高瀬川船廻し場跡]</ref>。
開削から大正9年([[1920年]])までの約300年間京都・伏見間の水運に用いられた。名称はこの水運に用いる「[[高瀬舟]]」にちなんでいる
 
現在は[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]において京都側と伏見側で分断されており、上流側を高瀬川、下流側を東高瀬川、新高瀬川と呼ぶ。
現在は[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]において京都側と伏見側で分断されており、上流側を高瀬川、下流側を東高瀬川、新高瀬川と呼ぶ。京都中心部三条から四条あたりにかけての高瀬川周辺は京都の[[歓楽街]]の一つとなっており、また[[サクラ|桜]]の名所ともなっている。
 
== 地理 ==
匿名利用者