「うらが (掃海母艦)」の版間の差分

== 艦歴 ==
「うらが」は、[[中期防衛力整備計画 (1991)|中期防衛力整備計画]]に基づく平成6年度計画5,600トン型掃海母艦463号艦として、[[日立造船]][[舞鶴海軍工廠|舞鶴造船所]]で建造され、1995年5月19日起工、1996年5月22日進水、1997年3月19日に就役の後、第2掃海隊群に直轄艦として編入され[[横須賀基地 (海上自衛隊)|横須賀]]に配備された。
 
[[1999年]][[11月7日]]、横須賀周辺および相模湾にて在外邦人等輸送訓練を行う。この訓練では他に「[[しらね (護衛艦)|しらね(DDH-143)]]」、「[[むらさめ (護衛艦・2代)|むらさめ(DD-101)]]」、「[[あまぎり (護衛艦)|あまぎり(DD-154)]]」、「[[とわだ (補給艦)|とわだ(AOE-422)]]」の艦艇、陸上自衛隊からは[[第1空挺団 (陸上自衛隊)|第1空挺団]]で編成された誘導隊が参加した<ref>[http://www.zenshin.org/com/com298/com_298_t3.htm 月刊『コミューン』 9月号 - 前進] </ref><ref> [http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2000/column/frame/ak122000.htm 防衛白書 平成12年版 在外邦人を自衛隊の船舶、航空機で ~在外邦人等輸送訓練~] </ref>。
 
[[2000年]][[3月13日]]、掃海部隊の再編により掃海隊群が新編され、[[掃海隊群]]直轄艦となる。
19,853

回編集