「武家政権」の版間の差分

編集の要約なし
'''武家政権'''(ぶけせいけん)は、[[日本史]]の[[平安時代]]後期から[[江戸時代]]にかけて、[[武家の棟梁]]頭領([[軍事貴族]])を長として<ref>[[北条氏|伊豆北条氏]]の[[北条得宗家|執権政権]]、[[豊臣政権]]を除く。</ref>、地方社会を実効支配する[[武士]]層を掌握した[[中央政権]]を指す<ref>いわゆる[[軍事政権]]と見なされることもあるが、軍事政権とはそもそも近代以降について呼ばれるもので、封建制にしたがって双務的に統治される性質をもたず、武力による恐怖弾圧によって片務的に統治される性質をもつ点で大きく異なる。</ref>。'''武士政権'''(ぶしせいけん)とも呼ぶ。
 
==概要==
15,182

回編集