「アルデバラン」の版間の差分

出典追加
(infobox、出典はまた追加します)
(出典追加)
[[北半球]]の中緯度地域では、[[12月]]上旬頃には、ほぼ一晩中アルデバランを観察することができる。また、春の夕方や、秋の明け方にも見えることができる。[[黄道]]のすぐそばにあるため、毎年[[5月]]下旬から[[6月]]上旬には太陽がすぐそばを通り、この頃は地上からは全く観測することができない。同じように、惑星や月も頻繁にそばを通過する。時には月に隠されてしまう([[星食]])こともある。1等星のなかで、月に隠されることがある恒星は、他に[[レグルス]]、[[スピカ]]、[[アンタレス]]がある。
 
アルデバランの周囲には、地球に比較的近い[[星団]]である[[ヒアデス星団]]がV字型に広がって見え、アルデバランもそれに属するように見える。[[双眼鏡]]でアルデバランを見ると、周囲にたくさんの星が輝いていて大変美しい。しかし、ヒアデス星団は地球太陽から151光年離れており、アルデバランの2倍以上遠い。実際には離れており、アルデバランは独立した恒ヒアデスである団には属していない
 
[[占星術]]では、アルデバランは富と幸福の前兆となる幸運の星だと考えられてきた。[[ペルシア]]人にとっては、[[紀元前3000年]]頃から、[[アンタレス]]、[[フォーマルハウト]]、[[レグルス]]と並んで、ロイヤル・スター(王家の星)の1つだった。<!-- Stregheria について未訳 -->
 
== 名称 ==
学名は&alpha; Tauri(略称は&alpha;Tau){{R|simbad}}
 
アルデバランという名前は、[[アラビア語]]のアッ・ダバラーン({{lang|ar|الدبران}} ; {{unicode|ad-dabarān}}、ad は定冠詞 al の連接形)に由来する{{R|Kunitzsch}}。これは、「後に続くもの」という意味であり、アルデバランが東の[[地平線]]から昇ってくるときに、[[プレアデス星団]]の後に続いて昇ってくることからの命名である{{R|Kunitzsch}}{{R|Hara}}。また、コル・タウリ({{lang|la|Cor Tauri}})という名前もあり、これは[[ラテン語]]で「牡牛の心臓」という意味である。アルデバランは心臓に当たる場所にあるわけではないが、アルデバランのオレンジ色が心臓を連想させたのだろう。[[英語]]では、ブルズ・アイ({{lang|en|Bull's Eye}})「牡牛の目」と呼ばれる{{R|Allen}}
 
日本では、後星(あとぼし)、統星の後星(すばるのあとぼし)、統星の尾の星などという、アラビア語と同じ発想の名前が見られる{{R|nojiri2}}。また、赤星という、色に着目した名前もある{{R|Hara}}
 
== 脚注 ==
| url=http://www.sai.msu.su/gcvs/cgi-bin/search.cgi?search=alf+Tau
| accessdate=2015-10-12}}</ref>
<ref name="Hara">{{Cite |和書
|author=原恵
|title=星座の神話 - 星座史と星名の意味
|publisher=恒星社厚生閣
|date=1996-06-30
|edition=新装改訂
|pages=219-220
|isbn=978-4769908258}}</ref>
<ref name="nojiri2">{{Cite
|和書
|title=日本星名辞典
|last=野尻
|first=抱影
|authorlink = 野尻抱影
|publisher=[[東京堂出版]]
|date=1986-04-10
|edition=七
|isbn=978-4490100785
|ref = harv
|pages=127-128}}</ref>
<ref name="Kunitzsch">{{Cite book
|title=A Dictionary of Modern Star Names
|author=Paul Kunitzsch
|authorlink=:de:Paul Kunitzsch
|coauthor=Tim Smart
|publisher=Sky Publishing
|year=2006
|isbn=978-1-931559-44-7
|page=54}}</ref>
<ref name="Allen">{{Cite web
|title=Star Names, their lore and meaning
|author=Richard Hinckley Allen
|url=http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Topics/astronomy/_Texts/secondary/ALLSTA/Taurus*.html
|page=384
|accessdate=2015-12-23}}</ref>
}}
 
6,810

回編集