「形態素」の版間の差分

 
== 概要 ==
形態素には、いくつかのタイプがあると考えた方が良いことが分かっている。またそれぞれの言語によっても違いがあらわれるので、ここではまず英語と日本語での例を示す
 
英語では、空白で区切られる[[語]] (word) よりも細かい単位である。たとえば、名詞の複数形の -s なども独立した形態素である。日本語では、日本語文法におけるいわゆる[[文節]]よりも細かい単位である、'''自立語'''(あるいは「詞」)と'''付属語'''(あるいは「辞」)および「接辞」が形態素である。
まず、「やま」のように、単独で[[語]]として現れるものと、「お金」の「お-」のように、単独では用いられず必ず他の形態素とともに現れるものがある。前者を'''自由形態素''' (free morpheme)または'''内容形態素'''、後者を'''拘束形態素'''または'''束縛形態素''' (bound morpheme) という。例えば、英語の{boy},{fly}などの形態素は実質な意味を持ち、単独で用いられるから、内容形態素と呼ぶ。
 
続いて、形態素の分類論を述べる。
 
まず、「やま」のように、単独で[[]]として(日本語文法では、文節として)現れるものと、「お金」の「お-」のように、単独では用いられず必ず他の形態素とともに現れるものがある。前者を'''自由形態素''' (free morpheme)または'''内容形態素'''、後者を'''拘束形態素'''または'''束縛形態素''' (bound morpheme) という。例えば、英語の{boy},{fly}などの形態素は実質な意味を持ち、単独で用いられるから、内容形態素と呼ぶである
 
また、語彙的な意味を持つものとそうでないものに分けることができる。語彙的な意味を持つ形態素を[[語根]] (radical/root) という。例えば、「たか-さ」「たか-い」に共通して現れる「たか-」は語根であり、「空間的な位置が上方にあって下との距離が大きい」(『広辞苑』)という語彙的な意味を持つ。これに対して、「-さ」や「-い」に語彙的な意味を認めるのは難しく、むしろ、「-さ」は「たか-」を名詞として機能させる形態素であり、「-い」は「たか-」を形容詞として機能させる形態素であると考えられる。この「-さ」や「-い」のように、機能的あるいは文法的な意味は持つが語彙的な意味は持たないと考えられる形態素を'''機能的形態素''' (functional morpheme) または'''文法的形態素''' (grammatical morpheme) という。