「形態素」の版間の差分

形態素には、いくつかのタイプがあると考えた方が良いことが分かっている。またそれぞれの言語によっても違いがあらわれるので、ここではまず英語と日本語での例を示す。
 
英語では、空白で区切られる[[語|単語]] (word) よりも細かい単位である。たとえば、名詞の複数形の -s なども独立した形態素である。日本語では、日本語文法におけるいわゆる[[文節]]よりも細かい単位である、'''自立語'''(あるいは「詞」)と'''付属語'''(あるいは「辞」)および「接辞」が形態素である。
 
続いて、形態素の分類論を述べる。