「ヘモレオロジー」の版間の差分

m
|date=February 2008
|pmid=18298179
|doi=10.1115/1.2838029}}</ref>。血液の粘性に影響を与えるその他の要因は[[温度]]があり、る。温度が上昇下降すると粘度は低下増加する。従ってため、[[低体温症]]の際には血液の粘度が上昇するため循環障害を起こすことがある。
 
=== 臨床との関連 ===
51

回編集