「検察事務官」の版間の差分

→‎概説: 内容の位置編集
(私が付け加えた文書が余分に感じ、その余分な分を省き、的確で見る側にとって 伝わりやすい形に戻しました。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎概説: 内容の位置編集)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
検察庁の事務を行うほか、[[捜査機関]]の一として、[[被疑者]]の取調べ、[[令状]]の請求・執行、取調べや[[鑑定]]の嘱託などの基本的な[[捜査]]を行うこととなっている([[刑事訴訟法]]第198条第1項、第199条、第210条、第218条、第223条)。
 
検察庁外で職務を行うに当たり、関係者から呈示請求があったときは「[[身分証明書|検察事務官証票]]」を見せなければならない(検察庁事務章程第25条)。
 
[[徽章]]は[[桐紋|五三桐花紋]](中央省庁[[紋章]])に“検察”の字が入った物。
 
[[大日本帝国憲法]]下の[[奏任官]]・[[判任官]]の名残で、二級と三級の別があり、検察事務官二級となって3年を経過した者は考試の上、[[副検事]]となることができる。また、副検事から考試を経て[[検事]](特任検事)になる者もいる。なお、この二級・三級は、俸給(給与)の級とは全く別のものである。
 
また、[[語学]]等が堪能であれば[[在外公館]]での勤務を命ぜられることもある。[[連邦捜査局|FBI]]が主催する研修等に参加できるなど、国際的に活動する機会もある。
 
検察庁外で職務を行うに当たり、関係者から呈示請求があったときは「[[身分証明書|検察事務官証票]]」を見せなければならない(検察庁事務章程第25条)。
 
[[徽章]]は[[桐紋|五三桐花紋]](中央省庁[[紋章]])に“検察”の字が入った物。
 
== 検察事務官が任命される役職 ==
106

回編集