「ボーア戦争」の版間の差分

|casualties2=
|}}
第二次ボーア戦争 ([[:en:Second Boer War|Second Boer War]]) は、独立ボーア人共和国である[[オレンジ自由国]]及び[[トランスヴァール共和国]]と大英帝国の間の戦争([[1899年]][[10月11日]] - [[1902年]][[5月31日]])。長い激戦の末、2つの共和国は敗北し、大英帝国に吸収された。イギリスは既にアフリカ大陸の東西両岸に[[海底ケーブル]]をもっていたので、開戦前の10月3日から電信の[[検閲]]に取り掛かった。またすでに[[ドイツ=オーストリア電信連合|サンクトペテルブルク会議]]で、参加国へ通知した上ならば電信を止めてよいとの言質を得ていたので、14日にコードと[[サイファー]]による電文の一切を禁じた。
 
=== 背景 ===
匿名利用者