「2016年中華民国総統選挙」の版間の差分

m
日本語
(wikify, 体裁, etc.)
m (日本語)
現総統の馬英九は[[中華民国憲法]]規定により三選が禁止されているため、国民党からは別の新しい総統候補を出すことになった。
 
史上初、台湾の二大政党の候補者はともには女性となったが([[民主進歩党]]総統候補者の[[蔡英文]]と[[中国国民党]]元総統候補者の[[洪秀柱]])、10月17日、[[中国国民党]]は大陸との統一発言などで人気が低迷した[[洪秀柱]]の代わり替えて党主席の[[朱立倫]]を新たに総統候補に指名し直した<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM17H3O_X11C15A0FF8000/ 台湾与党、朱氏を総統選候補に指名 エース投入で巻き返しへ ](日経新聞 2015年10月17日)</ref>。
 
11月16日、蔡英文氏はペアで出馬する副総統候補に[[中央研究院]]の{{仮リンク|陳建仁|zh|陳建仁}}前副院長を擁立すると発表した<ref>{{Cite web |url=http://mainichi.jp/select/news/20151117k0000m030072000c.html |title=台湾:野党・民進党の副総統候補に陳建仁氏64歳|publisher=毎日新聞|accessdate=2015-11-23}}</ref>。18日、国民党も弁護士の{{仮リンク|王如玄|zh|王如玄}}を副総統候補に擁立すると発表し、同日午前中に[[親民党]]主席の[[宋楚瑜]]も副総統候補に[[立法委員]]の{{仮リンク|徐欣瑩|zh|徐欣莹}}を擁立すると発表した<ref>{{Cite web |url=http://japan.cna.com.tw/news/apol/201511180006.aspx |title=与党・国民党、副総統候補に王如玄氏 女性の権利拡大などに尽力|publisher=フォーカス台湾|accessdate=2015-11-23}}</ref>。
<br clear="all">
 
== 候補者 ==